婚約指輪の選び方をチェック【デザイン性の高い指輪ランキング】

笑顔の夫婦

給料3か月分は本当か

カップル

相場と需要

気にはなるけれどなかなか聞けない婚約指輪の相場。バブルの頃は「給料3か月分」と言われ、現在の若い人の中には信じている人もいます。景気が良かった頃は一般のサラリーマンでも給料3か月分の婚約指輪を買えましたが、不況からなかなか抜け出せない現在では、大体給料1か月分といったところです。平均給与が下がり続けるのに比例して婚約指輪の相場も下がり続け、現在では「買わない」という選択をするカップルも増えています。ただし一方で婚約指輪を結婚後も使いたいというカップルも多く、ダイヤの質よりも普段使いに向いているかどうかを重視して婚約指輪を選ぶカップルも増えています。そのため相場は景気次第ですが、需要がなくなることはないでしょう。

人工ダイヤは安い

最近ではエタニティリングやセットリングなど、ダイヤの質よりも普段使いを意識したデザインの婚約指輪の人気が急上昇中です。ただしソリティアの人気も定番だけあって根強いものがあります。そうなるとやはりダイヤの質がモノをいいますが「ダイヤは高くて買えない」という人に朗報です。モアサナイトと言う宝石があるのですが、これは人工のダイヤモンドで鑑定士や判別用の機械でも区別できないくらい美しい輝きと強度が特徴です。量産が可能なので値段も安く、天然のダイヤモンドでは手が出せないという人に人気が高まっています。一生に一度の買い物ですからあまりケチりたくない所ですが、予算の都合で諦める前に、こういった物も検討対象にしてみてもいいかもしれません。